そざい畑について 無料素材数 142点 有料素材数 1777点  デザイナー、写真家を応援  ご意見をお聞かせ下さい

素材畑トップイメージ

そざい畑 > そざい畑について
   

小物撮影用ボックスを作成する


小物撮影用のボックスを作ってみました.

普通に機材を買うのも意外と高くなりますから、節約して自分で作ってみました.
とは言え、材料費に意外と掛かりますね.(^_^;) 光の反射具合も以外に悪くなく、小物はいい感じで撮れる様に出来ました.
勿論画像の加工は必要ですが、光の当たり具合は以外にも良い感じで使えました.
光が必要な場合はスタンド等を利用するのが良いと思います.
作り方の要領と材料は大体次の様な要領です.

材料は次の様な物を使いました.

  ・展示パネル用のホワイトパネル(片面に糊付き)を3枚程用意
   文房具屋さんで売ってます。
  ・プラスチック用の接着剤 1個
  ・大き目のカッターナイフ
  ・サイズ確認用のメジャー
  ・不要なダンボール(カットしたりする時に下に敷いたりして使います)
  ・白地のキルティング生地
  ・サイズは高さ45.5CM、奥行き45.5CM、幅45.5CMと言う立方体です.
  ・上部のパネルは今回は光をとる為に不要と考えて作製致しません.

1.展示パネル用のホワイトパネル等で厚さが5mm程の物(片面に糊付き)を3枚程用意
 (1枚で2800円程だと思います)
 サイズは大体一枚で縦120CM×横92CM 程度です

 a.先ずパネルを縦に半分にカッターナイフでカットします
   大体45CM程幅パネルが二枚になるようにして下さい。
   (注意)この時は必ず不要なダンボールを下に敷いてからカットして下さい。大事な床等を傷つけたりしないようにご注意下さい。
 b.カットしたパネルを更に正方形を夫々が二枚分とれるようにカットしますと若干あまりが出来ますが、これも後で使います。
 c.カットした正方形のパネルを丈夫にする為に二枚に張り合わせます

   こうして背面用のパネル一枚と左右のサイド用のパネルを2枚の計3枚を作ります。
   そしてこの三枚を組み合わせて使う為に夫々に凹凸を作ります。
   ここからが腕の見せ所ですが、自信の無い方は大工さんにでもお願いして凹凸を作って貰うと良いでしょう。

 d.背面用のものは左右に二ヶ所の凸凹をつくる用にします。
   ちょっと大き目のカッターで十分切れますが、下になっている床やテーブルを傷つけないように気をつけましょう

 f.この時に気をつけないといけない事は左右の凹凸とぴったり合うようにしないと後で隙間が出来たり、きちんと組み合わなかったりしますので、予め切り込みのサイズをパネルに書き込んで置くと良いです。
   それとくっついたパネルは以外と切れ込みをいれるのは接着剤のせいなのか、切り難いですが、確りと切り込みを入れて下さい。

 g.次にサイド用のパネルも同じ様に凹凸を作ります。
   但し、サイド用は片方だけですし、背面用の凹凸とは逆になりますので、この辺りもご注意下さい。


2.こうして出来たパネルを組み合わせて見ましょう。
 上から見たらコの字型になる筈です。

3.コの字になったら今度はあまったパネルを下に当てはめて、形を全て整えます。
4.整ったら、その形を崩さないように気をつけながら、凹凸の部分も含めて接着剤で接着して固定して下さい。

5.以上で完成です。

6.実際の撮影時には用意したキルティングの白生地を後ろから前に敷いて使うと良いとおもいます.
  意外と使えますので皆さん、作ってみて下さい.

7.撮影例です


もっと明るさを期待したい方はスタンドを利用する事も良いでしょう.

8.自分ではどうしても無理だと言う方は、弊社宛にご一報下さい。
  凹凸の型を切り取るまでのプロセスを完了したパネルを販売します。